<宇宙の種>まだ見つからない 再度の積み込みを協議(毎日新聞)

 米スペースシャトルで国際宇宙ステーション(ISS)に行った日本の植物の種子が所在不明になった問題で、事業を企画した科学教育ベンチャー会社「リバネス」(東京都)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が18日、会見した。種は依然見つからず、同社は9月に打ち上げられるシャトルへの積み込みを含め、JAXAと善後策を協議している。

 種は昨年8月、シャトルでISSに運ばれた。今年3月に野口聡一宇宙飛行士が荷造りし、4月に山崎直子宇宙飛行士らが地球に持ち帰ったと記録されていたが、「ディスカバリー」の機内や、ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)、ISS内部の捜索でも見つかっていない。

 同社は帰還した種を使って6月にイベント開催を予定し、複数の農業高校が種の生育研究をカリキュラムに組み込んでいる。同社は「このままでは計画の中止は避けられず、その場合は残り2回のシャトル打ち上げ機会に種を乗せてほしい」と話した。【奥野敦史】

【関連ニュース】
宇宙の種:地球帰還後に所在不明 日本の会社が依頼

不同意堕胎容疑 36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産(毎日新聞)
「事実を正確に説明」聴取終えた石川議員がコメント(産経新聞)
<バラ>甘い香り満開 名古屋・鶴舞公園(毎日新聞)
<火災>民家全焼 68歳男性死亡か 神奈川・海老名(毎日新聞)
米OSI社を40億ドルで買収へ―アステラス(医療介護CBニュース)
[PR]
by ddiele9gfo | 2010-05-20 17:01
スペルボーン(Spellborn)