「婚活」でスポーツ参加率アップ=「合ハイ」「皇居ラン」など―文科省(時事通信)

 文部科学省は、今夏をめどに策定する「スポーツ立国戦略」(仮称)に、「スポーツ婚活」と銘打ったユニークな取り組みを盛り込む方向で検討に入った。低迷する若者のスポーツ参加率を昨今の「婚活」ブームに乗って引き上げたい考えで、独身男女による「合同ハイキング」(合ハイ)や「皇居ラン」といった企画を想定している。
 内閣府の「体力・スポーツに関する世論調査」(2009年)に基づく文科省の推計によると、週1回以上スポーツをする人の割合は、40代が41.7%、50代が48.0%、60代が54.7%、70歳以上が52.1%。しかし、20代は27.7%、30代は35.6%にとどまり、学校の授業や部活などで定期的に運動する機会がある10代などを除く若年層のスポーツ参加率の低さが目立っている。
 そこで同省は、20〜30代にも浸透している「婚活」ブームに着目。一方で、仕事帰りにスポーツクラブで汗を流す女性会社員なども増えていることから、スポーツを通じて独身男女が出会う機会を設け、積極参加を促すことで、若年層のスポーツ参加率の引き上げを図ることにした。
 「スポーツ婚活」として同省が現時点で想定しているのは、かつてはやった「合ハイ」、ブームの「皇居ラン」のほか、(1)独身男女による「ゴルフコンパ」(2)複数人乗り自転車による「タンデムサイクリング」―など。このほか、夫婦などによるスポーツの積極活用も呼び掛けていく考えだ。 

市長命令で4度目の出席拒否…阿久根市特別委(読売新聞)
野口宇宙飛行士 無事生還に後輩たち大喜び 母校の斑鳩小(毎日新聞)
「小沢さんと一緒に辞めるのが最高の殊勲だ」(読売新聞)
FM最長寿番組「ジェットストリーム」 JALが「1社単独提供」断念(J-CASTニュース)
<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
[PR]
by ddiele9gfo | 2010-06-07 23:49
スペルボーン(Spellborn)